スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美の壺
20090523233139
20090523233130
テレビといえば普段某N○K局もしくはニュースくらいしか見ないのですが、あえて好きな番組は?

と言われるとやっぱり某局の番組がお好きな城所さんです(^w^)


昨日美の壺で特集されていたのがバイオリンで、思わず見入ってしまいました。
小さな頃から親しんできたバイオリンは普段演奏していても、バイオリンを分解したり作っている工程などを見ることが無かったので、凄い新鮮でした☆

名工が作ったアマティ、ストラディバリウス等は皆さまも一度や二度、聞いたことがあるのでは無いでしょうか?
私はまだ触れたことさえありませんが、やはり同じバイオリン演奏者としては大変興味深いです。


最近、自分の使っているバイオリンの製作者が誰なのか気になって調べていました。

私が使っているバイオリンの製作者も、イタリアのコンクールで高い成績を納め、新時代の名工と期待されていた方でしたが彼は40代半ばという若さでつい2年前、亡くなっていたことが分かりました。

私には親しみのある音色。特別な音色。


もうそのバイオリンを作った方はいない。新しくバイオリンが生み出されることもない。
寂しくもあり、今自分が持っている楽器をより大切にしなければ…と実感します。


バイオリンという楽器はまさに芸術品。

番組でそう言っていましたが、まさにその通りですね。

更には人の技術の結晶であり、唯一無二の芸術品。
その出逢いもまた……。


今のバイオリンとの出逢い。改めて、一生大切にしたいと思うのでした。
スポンサーサイト
Copyright © 城所葵*はなてまり*. all rights reserved.
Customize : Designed by honoyurara

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。