スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽器も人も巡り逢い

今日は帰りにまたピアノの練習兼ねていつもの楽器屋さんに行ってきました。←店員さんいつもお世話になってます。すみません(^_^;)


そこでなんと、バイオリンの展示会をしていたので思わずしげしげ眺めてしまいました(^^)

並ぶ楽器は十数万から数百万円代の楽器まであるあるあるある(=゜-゜)(=。_。)

凄いです☆

で、すかさず自分の楽器製作者を探していました。もう亡くなられた方だけど、もしかしたら遺作品を買い付けて展示されているかも、と思ったんです。


が、ナイナイ(><。)

やはりかぁ…と諦めかけたところ店員さんに「イタリアのバイオリンをお探しですか?」と声をかけられたので、恐る恐る「プレティの作品は有りますか?」と聞いてみました。

さすがにプロというべきか、名前言っただけで分かるらしく「あぁ!」という反応!

プレティって私が知っている以上に有名人???←バチ当たり(^_^;)


「プレティの作品は私直接クレモナまで買い付けに行きまして」という男性店員さんの話に胸を踊らせましたが「残念なことに、今は調整中でして今回の展示会には間に合わなかったんです」

とのこと(@@;)

自分の持っているバイオリン製作者の別のバイオリンの音色を一度で良いので聴いてみたかったのです。でも、さすがに簡単に巡り会うのは難しいようです。

でもまたいずれ展示されるようなので次また開催される時には見に行ってみたいと思います。
今日はプレティと同じクレモナの工房の方の作品を何本か試奏させて貰い、帰ってきました。
さすがクレモナというべきか音色の響きが違います。そしてその内の好きな音色のバイオリンが二本ありました。

新作なのに使い込んだ音のでるレプリカバイオリンを作る方のバイオリンはクレモナ工房の作品でも一番プレティに近い音色でした。

もう一本はとにかく上品で、上品だけど控えめ過ぎない艶やかな音色で……。

この二本は本当に良いなぁって思いました。0の数が分からないくらいくっついてたんですが(笑)

でも今回色々見て思ったのは、やはりプレティのバイオリンはそのバイオリンたちに全く引けを取らない音色なのだと。

そして私には不相応なくらいの楽器に巡り会わせてくれた運命に感謝だなぁと。


元々今使っているプレティのバイオリンは、先生からの紹介でとあるバイオリニストから譲り受けたものでした。

その出会いもまた不思議なタイミングでとても運命的なものでした。
来るべくして来てくれたものだと本当にそう思います。

今日、楽器屋さんで初めて同じ楽器の製作者を知る人に出逢えたのも、同じ工房の楽器の音色を聴くことが出来たのも、そうかもしれませんね^^


人との出逢いもまたそういう絶妙なタイミングや運命感を含んでおこる事が往々にしてありますよね。

それは、やはり出逢うべくして出逢っているのでしょうね(^^)

皆さまとの出逢いもそうだと良いなぁ。それって凄くロマンチックですよね♪


この出逢いに感謝!

そんな事を改めて感じさせてくれた1日でした☆(^^)

スポンサーサイト
Copyright © 城所葵*はなてまり*. all rights reserved.
Customize : Designed by honoyurara

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。