スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綺麗な月に守られて、今もどこかに①
お久しぶりになってしまい申し訳ありません。

余りに突然のことで、どうしたら良いのか、何にも知らない自分に驚き、悔しく思いました。
それでも出来ることはやれたと・・・・・

おじいちゃんの為に、孫としてやれるだけのことは出来たのではないかと

そう思います。


8月13日 祖父が逝去致しました


ここに私の思いを刻ませてください。何かの形で整理しないと、後悔しそうなのです。
自己満足ですが、何年経っても今の気持ちを忘れたくないから書きます。

祖父は7年以上前から肝臓癌を患っていました。
数年前にはあと余命3年だと言われ、それでもずっとずっと元気なおじいちゃんでした。

余命を言われてから5年も元気でした。
趣味の石拾いや石の台作り、庭の手入れ、野球のテレビ観戦・・・・。

ところが先月辺りから体調が悪く、食欲も細っていたようです。
そして今月頭に検査入院。

実はこのとき、私は偶然帰省していました。
祖父の入院を聞いたのは実家に着く直前、駅に迎えに来た父から車中で初めて聞きました。

帰省した日が入院した日。この符合はきっと偶然じゃなかったんだと思います。


<②に続いています。>
Copyright © 城所葵*はなてまり*. all rights reserved.
Customize : Designed by honoyurara

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。